道央環境株式会社

リクルート特設サイト2021

一般土木工事、舗装工事

札幌市、北海道、北海道開発局発注の舗装路面改良工事、バリアフリー工事、舗装道補修などの舗装工事や、河川維持、水道施設工事などの公共工事を元請として受注しているほか、宅地造成などの民間工事も行っています。

一般土木
舗装
一般土木
舗装

道路維持除雪

年間を通した道路のパトロール、補修、交通事故の対応と冬季の除雪業務を行っています。

除雪
除雪

地域貢献

ゴミ拾いなどの公園ボランティア活動、地域施設の舗装工事や除雪業務のほか、小学校での除雪講座などを行っています。また、災害防止協会の一員として災害対応に努めています。

表彰

ごあいさつ

道を守ることは、地域を、人の暮らしを守ること。

代表取締役 柳澤智志

コロナ禍で人々の暮らしが大きく変化してきました。 働き方改革や、都市一極集中の改善を求められながら実現しなかった社会のあり方が、コロナウィルスによって改善されるとは皮肉なものです。 とはいえ、緊急事態宣言で人の動きが止まっても、物流は止まることがなく、救命救急で一刻を争う救急搬送もなくなることはありません。つまり何よりも必要なインフラの一つが「道」なのです。

わたしたちの携わる仕事であるインフラの維持整備が、無駄だと報道された時代もありました。しかし、度重なる災害や見えないウィルスとの戦いなど様々なアクシデントに苛まれるなかで、インフラの維持整備が「生活を守るため必要不可欠である」と再認識されていることは明々白々です。

わたしたち道央環境株式会社は40名のスタッフと共に、地域と共に未来を作るということをテーマに「持続可能な社会」を目指し、新しい時代に立ち向かおうとしています。 どんなに時代が変わっても、地域を大切にする想いがなくなることはありません。「 未来の道を造り、そして維持する。」わたしたちは常に地域の人々と共にあります。

最強の戦国武将武田信玄が 【人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は的敵なり】 と言う言葉を残しています、組織において人材が一番の守りであり、情けは人と人の心をつないでいく事、いままさにコロナ禍において一緒に立ち向かっていく仲間を大切にしたいと思います。最後にIT・人工知能・デジタル時代だと言われていますが、重要な事はそれを扱う人材であると私は強く思います。

▲